スポンサーリンク

歯医者

2008年08月28日

自宅で虫歯を治す法


昨日のNHK 「ためしてガッテン」で
「自宅で虫歯を治す法」をやっていました。

大体は、今ではママさん向けに保健所から
教えてもらえるお話だったように思います。

虫歯をすぐに削ることにちょっと待った!の話の
ところはさすがに、保健所では出ないお話ですが。^^;

極端な例を見せていましたが、削らない判断も
ここまであるんだ・・。と正直驚きました。

中学生の頃、溝が真っ黒い筋になっている虫歯があり
まめに経過観察をして、10年後(だったと思います。)
悪化せず、逆に虫歯が少し治っているようでした。

その歯科は写真(レントゲンじゃないです。)を撮って
極力削らずに観察しているそうです。
会社の書庫のようなところに写真(カルテ?)を大量に
保管していました。
その道でよほど有名な先生なのかな?

普通の歯医者さんが、歯医者さん業だけでこんなに削らない方法を
とっていたら、やっていけないのでは・・。と思います。

どう見ても、全く抜歯の必要性を感じない乳歯がぐらついたら
抜くケースをいくらでも周囲で見かけますし。

私の子どもの頃ほどではありませんが、ろくにクリーニングもせず
まだまだ抜く&削ることがあまりにも過剰にされていて、なんともいえません。

むか〜しの方法でこなし続ける年配の歯医者だけに限らず、
若い開院したての先生や40代〜50代の歯医者にもこういう
方式をそのまま貫いている先生は大勢います。

信じきってうちの身内もそういう所に通っています。
コンビニよりもたくさんある歯医者なのに、なかなか、
どこも似たようなというか、基本は削る&歯髄除去&抜歯を
勧めまくります。

今の保険制度は削ったりすることにしか、対処されておらず、
予防やクリーニンブにの方にまだまだ力が入っていないことを
番組でも歯医者さんがおっしゃっていました。

これでは、歯医者さんも予防に力を入れて、
虫歯がどんどん減っても・・。
しかも、恐ろしい数の歯医者が乱立し続けているのですから、
大変です。


でも、削らないで虫歯を悪化させない努力は
虫歯をつくらない努力以上だと思います。

私はすでに、子どもの頃からキンキラキン☆
ほぼ全て詰め物。
子どものときにすでに、歯髄を抜いた歯もあります。(;;)
詰め物、かぶせ物はさらに、定期的なメンテナンスが必要で
おそらく努力してもいずれは順次抜歯。

でも、できるだけ自分の歯を残せるようにがんばりたいと思います。
^^
実際、美容院より歯医者さんのクリーニング&歯石除去の方が
行く回数も多いんですよ♪



押して下さると、うれしいです。休み休みでごめんなさい。
↓↓↓
☆人気ブログランキング☆


くびれわんもも
夏かぜ対策☆くびれ温め中☆


再放送予定→自宅で虫歯を治す法


歯の治療、疑問、歯医者さん探しは
→→→右の「お役立ちリンク」をのぞいてね。
☆〜☆〜☆〜

歯医者

2008年04月22日

危険な呼吸法

口呼吸って、半分くらいの人がしているそうです。

口が渇くなどの自覚症状はわかるんだけど、意外だったのが
口内炎がよくできる人も口呼吸の可能性があるってこと。
詳しくはこちら中京テレビ リアルタイムのHPをご覧ください。

ご出演の長谷川先生のお話を抜粋しますと・・・

■鼻呼吸の効果

病原菌は鼻の粘膜によって90%は取り除かれます。
冷たく乾燥した空気を温め、加湿してのどや肺の負担を減らしている。


■口呼吸が何故いけなか

直接、病原菌が体内に入る。
冷たく乾燥した空気がのどや肺を痛める原因にもなる。
口呼吸の人は、常に病原菌と戦っている状態。
免疫機能が低下し、風邪などにもかかりやすくなる。
口の中が乾燥し、菌が繁殖しやすく、虫歯や歯周病にもなりやすい。
顔の筋肉の低下によって舌が気道をふさぎ、睡眠時無呼吸症候群になってしまう。
味覚障害。
免疫機能が低下し、アレルギーを引き起こす。


恐るべし口呼吸ですね・・。



口の筋力トレーニングが大切ですって。
顔が引き締まりそうですね。^^

ぜひお試しくださいね。首まですっきりしそうですよ〜。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気ブログランキング←あらら下がりまくり〜(;;)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私も思い当たることがいっぱいです。間違いなく口呼吸を
しちゃっています。
意識しているときは鼻呼吸なんですが、常に病原菌と
戦っている状態なんですよ〜。
喉のリンパ耳下の辺りがコリコリしているんですよね。
耳鼻咽喉科で何度診てもらっても、菌と戦っているんだそうで。

よっしゃぁ、口の筋トレに励むわよ〜。

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

放映では、様々な病気の原因になる…と言いながら、様々な病気について具体的に挙げていないのです。

長谷川先生のブログより


歯医者

2008年04月21日

歯医者を探して、何千里?〜7〜なんで、そんなにこだわっているのか?

私は幼い頃から、歯医者通院はとてつもない回数です。
矯正治療があったわけではありません。そのほとんどが、削ることと、抜歯でした。

うちは夜、歯磨きをする習慣が無かったうえ、朝食後、ちゃちゃっ自分で磨いておしまい。
世間も予防知識の少なかった頃だし、仕方ないところもあったとは思うんです。

でも、私の歯はガタガタです。。

歯並びは、口を開けて笑うのがイヤなほど。20歳頃、普通に話をしていた相手(口のわるいおっさん)に指を指され大笑いされました。
周囲にたくさんの大人がいましたが、誰も何も言いませんでした。
自分は恥ずかしいし、人のお祝いの場であったこともあり、何も言えなかった。ちなみに、うちとは全くかんけい無い人間です。

田舎はいろんな人が集まるからね。
子どもの頃から、容姿のことには長い間、いじめられたので私は今でも容姿に関わることを言われるのはダメなんです。

今ならこんな、黙ってはいないけどね。ひゃっひゃっ。
お笑いテレントはすごいなぁと思います。それを、チャームポイントやネタにするんですから。

今だに、ひどく目立つ1本だけ、差し歯にしちゃえばすぐに、この悩みから解放されるんだけどなぁ〜。とも思いますが、せっかく残っている自分の歯をわざわざ取ってしまうことに抵抗が・・・。
矯正は他にも、かみ合わせにある問題を持っているので容易にはいきませんし、今からやる長期の矯正に耐える根気がすでにないからなぁ。
そもそも、治療費を考えても、手がでないし^^;子供達の分で手一杯さ。

独身のうちにやっときゃよかったです。にゃはっ。
もっといえば、かみ合わせの問題も含め、子供の頃に治療してほしかったなぁ。
あんなに痛い治療を繰り返したのに、この結果ですから・・。

意地の悪い話になるけど、私の歯のことで主治医が母に話したことを、今でも覚えています。
「これは治しようがないものだから、このままにしておくしかない。」というようなことを話していました。

あのね、当時どのくらい矯正治療があった時代かは知らないけど、本来、そういう歯科医院を紹介する義務をこの歯科医は怠ったと思う。
当時から反対咬合の治療があったということは、私の症例も当然治療法があったと思う。

(;;)お客さんをほかに回したくなかったのかなぁ?

当時、弟のひどかった歯並びについて母が相談したときも、その歯医者、
「男の子だし、そんなに気にすることはない。」

みたいなことを言ったからね。間違いないと思う。
患者が聞いているのに、矯正という診療を教えなかったのはおかしい。

そもそもね、乳歯抜歯後、すかすかにしっぱなしにされたことを今でもよく覚えているんだ。
回数までは覚えていないけど、このやりっぱなし処置が何回もあったんだよぅ。

普通の生え変わりでは乳歯が確保されるはずだった、永久歯のための空間は無いわけよ。
抜いてそのまんまだから、その空間に隣の歯は押し寄せてくるの。
で狭い空間に永久歯が生えようとして、叢生になっちゃう。

おぉ、さすが長谷川先生!そうそうこういう処置が必要なんだって。
下の方に出ています。ほっほう〜「乳歯冠クラウンループ」って、言うのですね。



先程の”抜きっぱなしで、しかも矯正教えてくれなかった歯医者”に通うようになったのはね、

私が初めて連れて行かれた歯医者は別の歯医者だったの。
怖がって「何するの?」とあれこれ幼い私が歯医者に話しかけるから、その歯医者は嫌がって数回で治療を断ったわけ。

そして、うちの学校の検診医の歯科医院に行くようになったの。
(検診医がわるいって言っているわけじゃないじょー;;)

子どもの治療もなれているだろうと母は「校医さんだから☆」
という理由で、絶対の信頼をしていました。

”抜きっぱなしで、しかも矯正教えてくれなかった歯医者”なのにね。

そこは、治療室に親は入れません。
だから、そこで私が初めてされたことを母は知りませんでした。

本当にイヤのことを、母に私は話せないことが多かった。

どんなに容姿のことでいじめられても、他のことでも学校で長い間いじめられていることも。
そして、この歯医者での出来事も・・。

その母が信頼している歯医者が私にしたこと。

「痛かったら手をあげてね。」と言ったのに、 大勢の助手に私の体も
手も押さえつけさせ、あごを広げる機械で痛いのにこじ開け、
しっかり、歯を削りました。

恐怖とお母さん助けてー。と思ったことを今でも鮮明に覚えています。
待合室で待つ母は私の悲鳴を聞いていたはずなのに、治療後何か言ってくれた記憶がありません。

がんばったね〜と抱きしめてほしかったぜ、カアチャン(;;)

その後もすさまじい回数のレントゲン、麻酔、削る、抜歯が続きました。
毎年、治療勧告書をもらうたんびに、真面目に通いました。
通わない年はありませんでした。

下の子に手がかかるからと、母は私に2〜3歳の頃からキャラメルをよく与えていました。
そして、詰め物もよくはずれ、そのたびに歯医者へ通いました。

すばらしくよく取れる詰め物でした。
・・;

弟のこと(その歯医者が男の子だから、気にすることもない。と言ったこと)も母にとっては、今でも笑いながら話す思い出話ですが、私は全く笑えましぇん。

口が自然に閉じないくらいの歯並びの気もちって、わかんないのかなぁ。
(;;)私、いっつも下唇に上の歯がのっかてるし。。

と、これが私の最初に通った歯医者2軒です。
このとき、全てが本当に必要だった治療なのか、考えずにはいられません。

自分の子どもに同じ思いは絶対にさせたくありません。
そして、私ももう、無駄な治療はしたくありません。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ありがとうございます!押してくれたら、すんごくうれしいです!!

人気ブログランキング←あなたは、だんだん押したくなぁ〜るぅ〜。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆〜まだ、後日に続きます。☆〜休み休み・・継続していくつもりです。
歯医者に困っていらっしゃる方のお役にたてたらうれしいです。

確かな目を養って、悪徳代官の様な歯医者に吸い取られないように、気をつけようじぇ。。
健康保険は本当に必要としているところに使ってほしい。。

歯医者

2008年04月18日

中京テレビのリアルタイム!

今度の月曜日夕方(午後4:41〜)中京テレビのリアルタイム!で「口呼吸は危険がいっぱい!」がやります。
詳しくは長谷川先生のブログをご覧ください。

昨日ご紹介した、いろんな歯の治療法を知ったのもこの番組だったと思う。
ほんで、気になっていろいろ調べたというわけなのよ。
テレビは一部しか情報を伝えられないから、それだけで
全てじゃあないって思いし。

そういえば、予防歯科という診療を知ったのもこの番組だったと思う。

最近は子どもに占領されて見れないけど、ビデオにとるじょ。
内容はまた、見れない地域の方のためにもご紹介すっからね〜。

うっひょっひょ。楽しみだぁ〜^^
長谷川先生、おばちゃんスタッフって・・・。
読んだスタッフから冷たくされちゃうかも。
ん?こんな風にいえるっちゅうことは、もしや奥様?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ありがとうございます!押してくれたら、すんごくうれしいです!!

人気ブログランキング←あなたは、だんだん押したくなぁ〜るぅ〜。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

歯医者

2008年04月17日

歯医者を探して、何千里?〜6〜いい歯医者って?

歯科医院を決めるポイントのひとつに、自分の必要としている治療を得意とする歯医者や歯科技工士かというところもあります。
私は何もポイントを押さえていなかった頃、ただ、人が行っている歯医者さんを聞いて、よさそうなところに行くのもいいのかなぁと思っていました。

いい歯医者と感じるポイントは人それぞれ。。。
ということに気づいていなかった。

待ち時間が少なくて、手早いのがいい。
きれいなところがいい。有名だからいい。
先生がやさしい。(→子どもに特にありがたいタイプだけど、慣れさせて不必要と思われる処置をしようとする先生がかなりいます。)
治療説明がわかりやすい。(→中には、自分に自信をもっていらっしゃって、患者の気持ちをくんでくれない一方的な方もいます。)
先生がちゃんと、手を洗うか。(→とんでもない手で、そのまま次をやる先生がいますからー!!!)
治療法、得意治療などなど・・・。


「レーザー治療」を行っているところというのは、すごく気になるところでした。
実際にこの方法がいちばんいい方法か調べていくうちにわからなくなりました。
一般に普及されて、あまり時が経っていませんしね。

特に子どもの歯にどんどん照射する先生がいますが、その処置も必要なのか疑問に思います。
乳歯は特にサホライドという虫歯進行止めがありますし・・。
あと、大変気になることがありました
レザーをするとき、患者に保護めがねをしないで先生だけかけるところがあるようです。
どこかでそういう歯医者がいるので気をつけてほしいという情報を見たことがあります。
実際に知人の通うところもそうでした。気をつけてほしいものです。

あと、「3−Mix」という従来なら歯髄を取るほど深い虫歯を痛みも無く薬で治療できる方法らしい。
大変、気になります。安全面とかよくわかりませんが、気になる治療です。

あと、「MI治療」という言葉には驚きました。
あまり削らないようにして、削るのは最小限にする治療のようです。
虫歯→すぐがばっっと削るという今までの考えとは違うようです。

自分はどんな治療を受けたいのか、話を聞いてくれるのかは
とても重要でした。
中にはとりあえず、こちらの話に合わせるし、また何かあったらどんどん言ってね。と若い先生だし(同世代くらいかな?)理解を示していたけど、通うにつれだんだん、話が通じなくなりました。
というか、先日のように意味不明に・・。
自分の方針に強引だったり、言っていることが変化したり。。
私みたいな患者があまりいないのでしょうね・・。
戸惑うのは歯医者さんの方かもしれません。

下の子の乳歯に虫歯が見つかって、歯医者が「削る」と言うのに、私はサホライドで経過観察を希望するし。。。

上の子の生え変わりのために抜けそうな乳歯をみれば、「抜歯するからまずレントゲンを撮る」と言われたら、それも断り、グラングランで、もうすぐ抜けそうなのに、このタイミングで抜歯がなぜ必要なのか?と説明を求めるんですから、うるさい患者です。

あと、私が歯医者さんを決めるのに、PMTC(プロが行う歯のクリーニング!超気持ちいいですよ〜)をやっているところというのは、絶対です!

HPもない歯科医院がまだまだ多いし、HPを持っていても
どんな治療を得意としているとか、どんな治療方針か、
具体的にやっていることはしばらく通わないと見えてこない
っちゅうのが、問題です。

HPでも、見えないことがいっぱいですから。

じゃあ、評判か?
いやいや、はじめの話に戻ってしまいますし、いくら有名でも
評判が良くてもその先生が自分の信頼できる先生とは限りません。

患者の声を聞いてくれない先生はどうしても、ニガテ(;;)
一方的というか、自信満々で、えばってるのさ。
私はもう、ほとんど病気かもしれません。
幼い頃からの歯医者でのおぞましい経験が、ここまでにしてしまったんだろうと思います。

聞きたくない方も多いと思いますが、後日書きますので、
お付き合いいただける方は、また来てください。

あと、先生の技術とか得手不得手という話を越えていろんなことがありました。

☆〜まだ、後日に続きます。☆〜休み休み・・継続していくつもりです。
歯医者選びに困っていらっしゃる方のお役にたてたらうれしいです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気ブログランキング←あなたは、だんだん押したくなぁ〜るぅ〜。



押してくださり、本当にありがとうございます!
また、明日もおこしくださいませ〜。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

確かな目を養って、悪徳代官の様な歯医者に吸い取られないように、気をつけようじぇ。。
健康保険は本当に必要としているところに使ってほしい。。